類まれなサヴォアフェール(職人技)

World of Moynat

    • レザーの寄せ木細工

      パリ、1925年。
      「マロカンルージュ・トランク
      (Malle en maroquin rouge)」が、
      現代産業装飾芸術国際博覧会で
      人々の心を魅了しました。

    • レザーの寄せ木細工

      このトランクは、寄せ木細工の
      技術により作られています。
      木工制作で最もよく知られた
      18世紀の技術を応用し、
      裁断したレザーピースを嵌め込んで
      模様を象るもので、
      見た目は勿論、触れた感触でも
      その継ぎ目が分からないほど
      精巧にできています。

    • レザーの寄せ木細工

      アーティスティック・ディレクターの
      ラメッシュ・ナイール(Ramesh Nair)は、
      技術の継承に情熱を傾け、
      この古来のヨーロッパのテクニックを
      復活させ、モダンな解釈を提案します。

    • レザーの寄せ木細工

      ファレル・ウィリアムズ
      (Pharrell Williams)との
      コラボレーションで初めて用いられ
      完璧にフィットした
      レザー製パズルのピースは、
      モワナの実験的なスピリットを示す
      完璧な例です。

    • 卓越したヘリテージ

      ポーリーヌ・モワナ
      (Pauline Moynat)が
      1849年に彼女のアトリエを
      設立して以来、職人技の卓越性は
      モワナの核をなす部分です。
      ちょうど168年前と同じように、
      フランスで生産され、
      一人の職人によって
      レザー製造の全てが行われます。
      モワナの特徴である
      近代性を持つクリエーションには、
      敬虔な伝統と100年のノウハウが
      詰め込まれ、当時を呼び起こします。

    • 卓越したヘリテージ

      ポーリーヌ・モワナ
      (Pauline Moynat)が
      1849年に彼女のアトリエを
      設立して以来、職人技の卓越性は
      モワナの核をなす部分です。
      ちょうど168年前と同じように、
      フランスで生産され、
      一人の職人によって
      レザー製造の全てが行われます。
      モワナの特徴である
      近代性を持つクリエーションには、
      敬虔な伝統と100年のノウハウが
      詰め込まれ、当時を呼び起こします。

    • 卓越したヘリテージ

      ポーリーヌ・モワナ
      (Pauline Moynat)が
      1849年に彼女のアトリエを
      設立して以来、職人技の卓越性は
      モワナの核をなす部分です。
      ちょうど168年前と同じように、
      フランスで生産され、
      一人の職人によって
      レザー製造の全てが行われます。
      モワナの特徴である
      近代性を持つクリエーションには、
      敬虔な伝統と100年のノウハウが
      詰め込まれ、当時を呼び起こします。

    • 卓越したヘリテージ

      ポーリーヌ・モワナ
      (Pauline Moynat)が
      1849年に彼女のアトリエを
      設立して以来、職人技の卓越性は
      モワナの核をなす部分です。
      ちょうど168年前と同じように、
      フランスで生産され、
      一人の職人によって
      レザー製造の全てが行われます。
      モワナの特徴である
      近代性を持つクリエーションには、
      敬虔な伝統と100年のノウハウが
      詰め込まれ、当時を呼び起こします。

    • 卓越したヘリテージ

      ポーリーヌ・モワナ
      (Pauline Moynat)が
      1849年に彼女のアトリエを
      設立して以来、職人技の卓越性は
      モワナの核をなす部分です。
      ちょうど168年前と同じように、
      フランスで生産され、
      一人の職人によって
      レザー製造の全てが行われます。
      モワナの特徴である
      近代性を持つクリエーションには、
      敬虔な伝統と100年のノウハウが
      詰め込まれ、当時を呼び起こします。

    • 卓越したヘリテージ

      ポーリーヌ・モワナ
      (Pauline Moynat)が
      1849年に彼女のアトリエを
      設立して以来、職人技の卓越性は
      モワナの核をなす部分です。
      ちょうど168年前と同じように、
      フランスで生産され、
      一人の職人によって
      レザー製造の全てが行われます。
      モワナの特徴である
      近代性を持つクリエーションには、
      敬虔な伝統と100年のノウハウが
      詰め込まれ、当時を呼び起こします。

    • 厳密なアングル・ステッチ

      かつてアングル・ステッチ(縁の飾り縫い)を学ぶことは、
      レザー職人にとっての通過儀礼でした。
      色付けとワックスがけを済ませたトランクの両サイドの縁部は、
      完璧な直角に保つことが必要であり、一重の亜麻糸と2本の針で縫い合わせます。
      いかなるずれがあってもバランスが崩れ、全体のデザインの調和を乱してしまいます。
      150年以上に及ぶモワナの専門技術 ―レジェンヌ自身も、この技術を用いて作った
      小さなスーツケースを持っていました― であるこのステッチは、
      モワナの高い品質と精巧さを表しており、特にMini Vanity(ミニ・ヴァニティ)で
      その輝きを放っています。

    • 厳密なアングル・ステッチ

      かつてアングル・ステッチ(縁の飾り縫い)を学ぶことは、
      レザー職人にとっての通過儀礼でした。
      色付けとワックスがけを済ませたトランクの両サイドの縁部は、
      完璧な直角に保つことが必要であり、一重の亜麻糸と2本の針で縫い合わせます。
      いかなるずれがあってもバランスが崩れ、全体のデザインの調和を乱してしまいます。
      150年以上に及ぶモワナの専門技術 ―レジェンヌ自身も、この技術を用いて作った
      小さなスーツケースを持っていました― であるこのステッチは、
      モワナの高い品質と精巧さを表しており、特にMini Vanity(ミニ・ヴァニティ)で
      その輝きを放っています。

    • 忍耐を要する木工彫刻

      19世紀に発明されて以来、トランクは形、強さ、耐久性を木材に頼ってきました。
      この時代を超えた遺産にもとづき、Limousine Briefcase(リムジン・ブリーフケース)と
      オーダーメイドのLimousine Suitcase(リムジン・スーツケース)は、
      木材を忍耐強く形作ることで、独特な外観と、特許を取得した構造が生まれました。
      フランスの最も著名な職人であるコンパニオン・デュ・デヴォアール
      (the Compagnons du Devoir)だけがこの完成度に達することができ、
      毎年の製作個数は厳しく限定されています。まさに、真の芸術作品といえます。

    • 忍耐を要する木工彫刻

      19世紀に発明されて以来、トランクは形、強さ、耐久性を木材に頼ってきました。
      この時代を超えた遺産にもとづき、Limousine Briefcase(リムジン・ブリーフケース)と
      オーダーメイドのLimousine Suitcase(リムジン・スーツケース)は、
      木材を忍耐強く形作ることで、独特な外観と、特許を取得した構造が生まれました。
      フランスの最も著名な職人であるコンパニオン・デュ・デヴォアール
      (the Compagnons du Devoir)だけがこの完成度に達することができ、
      毎年の製作個数は厳しく限定されています。まさに、真の芸術作品といえます。

    • 忍耐を要する木工彫刻

      19世紀に発明されて以来、トランクは形、強さ、耐久性を木材に頼ってきました。
      この時代を超えた遺産にもとづき、Limousine Briefcase(リムジン・ブリーフケース)と
      オーダーメイドのLimousine Suitcase(リムジン・スーツケース)は、
      木材を忍耐強く形作ることで、独特な外観と、特許を取得した構造が生まれました。
      フランスの最も著名な職人であるコンパニオン・デュ・デヴォアール
      (the Compagnons du Devoir)だけがこの完成度に達することができ、
      毎年の製作個数は厳しく限定されています。まさに、真の芸術作品といえます。

    • 忍耐を要する木工彫刻

      19世紀に発明されて以来、トランクは形、強さ、耐久性を木材に頼ってきました。
      この時代を超えた遺産にもとづき、Limousine Briefcase(リムジン・ブリーフケース)と
      オーダーメイドのLimousine Suitcase(リムジン・スーツケース)は、
      木材を忍耐強く形作ることで、独特な外観と、特許を取得した構造が生まれました。
      フランスの最も著名な職人であるコンパニオン・デュ・デヴォアール
      (the Compagnons du Devoir)だけがこの完成度に達することができ、
      毎年の製作個数は厳しく限定されています。まさに、真の芸術作品といえます。

    • Réjaneメイキングムービー

Load: 伝説の始まり