過去と現在

Limousine

  • ストーリー

    モワナのように、世界に変化を
    もたらす発明と密接なメゾンは、
    僅かだといえるでしょう。

  • ストーリー

    20世紀初めに、自動車が世界を
    変えたように、モワナは自らの
    専門能力を、顧客の進化する
    ライフスタイルに寄り添う
    トランクの製作に応用しました。
    スペアホイールキャリアから
    側面のスライド式コンパートメント
    まで、道路上の希望や夢を
    追うように、新しいデザインが
    生み出されました。

  • ストーリー

    これらのイノベーションの最初の商品が
    最初の商品が、
    金属性の枠を用いることなく、
    自動車の輪郭に沿うよう
    デザインされた、特徴的なカーブの
    Limousine Trunk
    (リムジン・トランク)でした。
    この独特なモデルは、
    1902年に特許を取得し、決して
    模倣されることはありませんでした。

    • 美しい軌道

      Limousineの特徴的なカーブは、
      他に類を見ないものです。
      自動車の美学やデザインを
      尊重したいと願う
      ポーリーヌ・モワナ(Pauline
      Moynat)の希望により生まれ、
      自動車とその上に載せる
      トランクに、調和のとれた
      フィット感をもたらしました。

    • 細部に宿る熟練の技

      熟練した職人の手作業により
      美しく作られるLimousineは、
      「メイド・イン・フランス」の
      クラフツマンシップへの
      賛美です。木製のフレームは、
      特許により保護された技術で
      作られ、そのカーブにより、
      それがLimousineである事を
      直ちに見分けられます。
      レザーで覆った縁部には、
      細かい間隔で多数の
      スタッズが施されています。
      千を超えるスタッズは、
      伝統的な16ミリ間隔に対し、
      モワナでは10ミリ間隔に
      施され、1世紀以上にわたり
      モワナを表す控えめな特徴と
      なっています。

    • 現代のトラベラー

      優れたLimousine Trunk
      (リムジン・トランク)を
      現代に向けて進化させた
      Limousineバッグは、
      どんな旅においても、旅行者に
      エレガントに寄り添います。
      トリヨン・ジェックスレザーに
      ゴートスキンで裏打ちした、
      優れた手触りの最高級品には、
      Limousine Trunkの象徴的な
      ボトムカーブが、遊び心で
      取り入れられています。
      一方、丈夫なメタルロックは、
      たっぷり入るバッグにしまった
      大切なものを守ってくれます。

    • 上部の真鍮

      文字を彫り込んだ真鍮製の
      Tロックは、1911年に生まれた
      技術的な成果であり、
      Limousine Briefcase
      (リムジン・ブリーフケース)を
      優美に輝かせます。
      ラインの美しさ、グレインレザー、
      豊かなテクスチャーといった
      全ての要素が合わさり、
      強くパワフルな存在感を
      放ちます。

Load: Mosaïque